No.7:スパイスについて。

●スパイスの種類は100種以上
世界には100種類以上ものスパイスがあるといわれ、
料理の風味を変えるだけでなく、
食欲増進や消化作用、殺菌など、
それぞれ違った効果を備えています。
スパイスの種類と組み合わせによって得られる効果も変わってきます。

●スパイスは天然の薬とも言われる
健康維持に役立つくらいスパイスの効能は高く、
天然の薬といわれるほどです。

メゾンドレイでは、欧風カレーに3種類のフルーツ、18種類のスパイスを加えて作っております。

18種のスパイスは、味のバランスはもちろん効果を最大限に活かせるように調合しています。

抗酸化作用や美肌効果、代謝アップなど美容健康に良いとされている、スパイス6種(ターメリック/シナモン/クローブ/フェンネル/レッドペッパー/コリアンダー)

血液の循環向上や腸内バランス、解毒作用などの健康面に役立つスパイス12種(オールスパイス/ブラックペッパー/アニス/クミン/カルダモン/山椒/ガーリック/パプリカ/ジンジャー/タイム/セージ/オレガノ)